円山町の歴史

渋谷駅の西側、道玄坂上の北側に位置する円山町は、江戸時代には甲州街道の脇街道であった大山街道の宿場町として栄えていた。

 

円山町が花街となったのは、1887年(明治20年)頃、義太夫流しを生業にしていた人が、弘法湯の前で宝屋という芸者屋を開業したのが始まり。

その後、年とともに芸者屋、料理屋が増していき、それに伴い代々木練兵場の将校達が円山町に遊びに来るようになった。

この界隈が円山町と呼ばれるようになったのは昭和に入ってからで、以前は鍋島藩の荒木氏の所有だったため、「荒木山」と呼ばれていた。

 

円山町は1913年(大正2年)に、芸妓置屋24戸、芸妓60名、待合茶屋137戸をもった1万5千坪が三業地として指定された。

1919年(大正8年)には、渋谷三業株式会社を創立して隆盛期に入る。

1921年(大正10年)には、さらに芸妓置屋137戸、芸妓402人、待合96軒、関東大震災前には芸妓420名を数えた。

 

1980年ころまで三業界の賑わいは続いたが、時代の変遷とともに料亭の数も減っていった。

(ウィキペディアより)